忍者ブログ
[108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [100] [99] [101] [98]
book31.jpg






 今後、通信教育を受講していく立場として通信教育の解説や体験談が掲載されている本が気になるため、2週連続通信教育の本をお勧め本として挙げました。

 大学は主体的な学びが求められ、高校までの受動的な学びとは異なる点について大学入学当初には困惑させられたのをこの本を読んで思い出しました。特に通信教育の場合だと、先輩からのアドバイスや同窓生との情報共有も簡単にはできずに行き詰ってしまうことが多いと思われます。そのような点を解消するためにこの本では通信教育の学習の流れやよくある疑問点について触れられています。

 また、近隣で通信教育を受講している人の集まりである学習グループの存在が紹介されており、一人で学ぶのではなく、なるべく仲間と学べるような工夫が通信教育過程で卒業、修了するために必要であることに気づかせられた一冊でした。

(課題提出者:山咲 博昭)

12月11日(日)に桜美林大学大学院大学アドミニストレーション研究科10周年記念研究会が開催されます!

PR
Twitter
人気記事ランキング
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 真義夢考房blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]