忍者ブログ
[171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161]

 FMICS5月例会は、昨年、63名のご参加をいただいた9月例会「小さな大学のミッション・パッション・アクション/元気元気元気な短期大学の入試広報」を企画プロデュースをされた秋草学園短期大学入試広報室長の秋草誠さんが、またまたFMICSでしかあり得ないユニークな企画を立てられました。ご参加の皆さまと、ワイワイガヤガヤと本音ベースのディスカッションを束ねることといたします。

【日時】2014年5月17日(土) 月例会:午後4時~7時 懇親会:午後7持~8時30分

【会場】桜美林大学四谷キャンパス406教室

【テーマ】ワイワイガヤガヤみんなで考える あったらいいな こんな大学の入試広報室!

【企画プロデュース】
 秋草 誠(秋草学園短期大学入試広報室長)
 司会 高橋 真義(桜美林大学大学大学アドミニストレーション研究科科教授)

【参加費】会員1,000円 非会員2,000円 学生(会員・非会員問わず)500円

【申込先】米田 敬子 yoneda(アットマーク)fmics.org
*お名前、ご所属等をお知らせ下さい。参加費は当日会場でお支払い下さい。
*当日の飛び入りも歓迎ですが、なるべく事前の連絡をお願いします。

秋草さんからのメッセージです。

 こんなことが出来るのは、FMICSだけだと思います。「あったらいいな、こんな大学の入試広報室!」FMICS初の試みです。募集広報などに関わる外部業者の方々に登壇いただきパネルディスカッションします。日々、大学職員と接している業者の方から、「集まっている大学、集められない大学」から感じ取れる空気感のようなものをじっくりと語っていただこうと考えています。
 開けてビックリ玉手箱、参加される業者名はあえて控えさせていただきますが、ご参加の皆さまとなぜ、「集められるのか」のヒントを拾い束ねることが出来ることになるものと期待されます。
 今回の会場は詰め込んで最大58名というFMICSにとっては大きな会場ですが、すでに4月号の速報で33名の先行申込をいただいております。残り枠は25名とわずかです。
 「参加してよかった」「集められるかもしれない」というワクワクドキドキを持ち帰っていただける企画にしました。お早目の申し込みをオススメします。今月は先着順とさせていただきます。

PR
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 真義夢考房blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]