忍者ブログ
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
book21.jpg






■ストレートマスターに限らず大人の大学院生にも読んでほしい

 以前紹介した妹尾堅一郎『研究計画書の考え方』ダイヤモンド社(1999)と併せて参考にしてほしい1冊です。

 本書は、卒論や修論を書き始める前に身につけておくべき能力を「聞く力」、「課題発見力」、「情報収集力」、「情報整理力」、「読む力」、「書く力」、「データ分析力」、「プレゼンテーション力」の8つの力に分けて解説しているものです。具体的には「講義の聞き方」、「ノートの取り方」、「テーマの決め方」といった基本的なことから「統計の考え方」や「プレゼンのコツ」など研究を遂行するために知っておくとよいことが述べられています。

 大学院生の皆様にあっては、研究成果報告(または修士論文)を「けんちゃんの絵日記」にしないためにも本書を参考にすることをお勧めします。

(課題提出者:諏佐 賢司)

第5回大学人サミットながさきカレッジ2011参加申込受付中です!
Facebookページも開設されています。

 
PR
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 真義夢考房blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]