忍者ブログ
[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87]
book27.jpg






 ベストセラーにもなっている本なので、多くの方が目を通されていると思う1冊の紹介です。

 本書は日経記者の留学体験をもとに、一人の日本人の視点から、「米国の一流大学で行われているエリート教育とは」「その教育が生み出す学生たち」「日本人が学ぶべきこと・学ぶべきでないこと」をまとめています。

 本書は、大学関係者にありがちな「アメリカ教育礼賛」にとどまっていない点が非常に魅力です。

 大学職員がアメリカ留学や研修に赴き、まとめたレポートや報告書は、「アメリカ最高!」「アメリカの教育は素晴らしい!それにひきかえ日本は・・・・」といったコメントが多く見られます。また、アメリカ教育についてまとめた論文や書籍においても、その強みや特徴は語られるのですが、弱みや欠点についてはあまり触れられていません。

 本書の筆者はもう少しフラットな視点から、一日本人留学生としてアメリカ教育、それによって育まれるアメリカ的な価値観や考え方を分析して述べています。そのため、アメリカの教育について非常に理解がしやすいですし、冷静な比較分析が可能です。個人的には、教養において「歴史を学ぶ」重要性を再確認できたことが収穫です。

 また、この本で着目したのは、米国留学で筆者が何を得たかというくだりで、「自習のための正しいフォームを身につけることができた」と回答していたことです。

 我々も大学院で学んでいますが、学んだ知識は時が経つにつれ忘れていきますし、情報も古くなれば定期的なアップデートが必要になります。つまり、社会人として成長していくためには、「学び続ける」ためのフォーム修得が必要なのです。

 自習のための正しいフォームが身につく教育を、各大学でどのように実践していくことができるか、また一学生として自分自身も身につけることができるか。

 このフォームを得られるかどうかが、各大学の教育の価値につながります。

(課題提出者:大竹 秀和)

12月11日(日)に桜美林大学大学院大学アドミニストレーション研究科10周年記念研究会が開催されます!

 
PR
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 真義夢考房blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]